ハクチョウ ノ バッグ と コクチョウ ノ バッグ ・Swan & Black swan

hakuchou no bag & kokuchou no bag
(ハクチョウ ノ バッグ ) (コクチョウ ノ バッグ )
Swan & Black Swan felt applique and embroidery bag

久しぶりの新作とブログ更新になりました。
白鳥と黒鳥の登場です。

ハクチョウとコクチョウ、
ホワイトとブラック、
対照的なカラーのスワンを楽しんで頂けます。
ふたつのバッグでひとつの作品でもあります。

大人のためのカワイイ・マガジン
Sobacus vol.3
特集「蝶と白鳥」掲載作品
カワイイは永遠
ソバカス・ブックス 
2018年4月28日発売

優雅に水面を泳ぐスワンの姿が、背高く伸びたガマの葉に隠れます。
すれ違うハクチョウとコクチョウ。
スワンの後を追いかけるようにできる波紋は、生地を寄せて作りました。
立体的なスワンのアップリケや、
揺れ動くガマの穂と葉、
波のような生地の動きが楽しいバッグです。

いつも楽しみにして下さり、本当にありがとうございます。
まもなく販売いたします。
終了いたしました。ありがとうございました。

e.no.bag Online Shop

テントウムシ ノ バッグ 2015-2017・Ladybug

tentoumushi no bag 2015-2017
(テントウムシ ノ バッグ 2015-2017)
Ladybug felt applique and embroidery bag

 

 

今年のテントウムシは2015年の型紙に
少しずつ手を加えたものです。
フェルトを染色して、落ち葉やドングリの刺繍など、
細かな部分のデザインも変更しています。

テントウムシの型紙は大きく見直しています。
よりコロンとしたフォルムになって、
黒い艶々のビースの斑点を身に付けています。

持ち手のテントウムシは羽を広げて、
今にも飛び立ちそうです。

 

 

まもなく販売いたします。
e.no.bag Online Shop

 

フレンチブルドッグ ノ バッグ ・French bulldog

furenchi burudoggu no bag 2017
( フレンチブルドッグ ノ バッグ 2017 )
French bulldog felt applique and embroidery bag

染色してみました。
お顔の表情がより豊かになりました。
目元など細かなところも型紙を変えています。
なぜかブリンドルだけ舌がチロっと出ています。
愛犬のお姿に重なる子がいましたら嬉しいです。

まもなく販売いたします。
( リス ノ バッグ 2016 ) も追加いたしました。
終了いたしました。ありがとうございました。

・( フレンチブルドッグ ノ バッグ 2017 …
 ブリンドル ・フォーン・クリーム・パイド )
  11/28日ブリンドル・パイド追加いたしました。Sold out 
・( リス ノ バッグ 2016 ) Sold out 
・( スナガニ ノ バッグ 2017 ) Sold out
終了いたしました。ありがとうございました。

e.no.bag Online Shop

ベニテングタケ ノ バッグ ト ブローチ / テングタケ ノ ブローチ ・Fly agaric / Amanita pantherina

benitengutake no bag & brooch
( ベニテングタケ ノ バッグ ト ブローチ )
Fly agric felt applique and embroidery bag & brooch

tengutake no brooch
( テングタケ ノ ブローチ )
Amanita pantherina felt applique and embroidery bag & brooch

ブラウンのテングタケが仲間入りしました。
ベニテングタケと形がよく似ています。
毒性はテングタケの方が強いそうです。
一見、ベニテングタケの方が真っ赤で毒々しいように見えます。
人もきのこも見かけで判断はできませんね …..。

まもなく販売いたします。
・(ベニテングタケ ノ バッグ)Sold out
・(ベニテングタケ ノ ブローチ )Sold out
・(テングタケ ノ ブローチ )Sold out
・(スナガニ ノ バッグ 2017 )Sold out
終了いたしました。ありがとうございました。

e.no.bag Online Shop

スナガニ ノ バッグ 2017・ Ghost crab

 

スナガニのバッグが完成いたしました。

 

浜辺の砂はフレンチノットで表現しています。
針に糸をクルクルと巻いてから引き抜く作業の繰り返しです。
粒のひとつひとつが集まると、動きが生まれて砂浜のようです。

海の砂浜も、小さな砂つぶの集まりですが、
砂の正体は、海の貝や珊瑚が砕けて削られたものであったり、
周辺の山の砕けた岩石や鉱物が河川によって運ばれたものだそうです。

今回の作品では、砂つぶにビーズを少し使用しています。
カニの背中や足元に縫いつけました。
ビーズを選ぶことであったり、
形や大きさ、色、素材などを決める時、
作品を作ることは、選択の繰り返しです。
作ろうとするものの正体を少しでも知っていると、
違ってくることもあるのかなと思います。

 

e.no.bag のバッグは、作るたびに少しずつ、わずかに変化している作品が多いです。
作り手のわがままでもありますが、楽しんで頂けたら嬉しいです。

いつも楽しみにして下さり、本当にありがとうごさいます。
大変お待たせいたしました。
まもなく販売いたします。

・(スナガニ ノ バッグ 2017 )

e.no.bag Online Shop
終了いたしました。ありがとうございました。

 

Copyrighted Image